夕日ヶ浦温泉かにツアー - MKバス

『夕日ヶ浦温泉かにづくし料理』ツアー下見へ

11月10日(土) 夕日ヶ浦温泉のかにづくし料理日帰りツアーの下見に行ってきました。


朝8時、京都駅より京丹後市網野町の夕日ヶ浦温泉・海花亭へ向けて出発です!
京都市内を出ると、車窓からは山々の紅葉を眺めることができ、途中の田園風景に心が安らぎます。
冬になるとこの景色が一面雪となり、雪景色を目にしながらバスの旅を楽しめそうです。


さて海花亭に到着です。
紫峰閣と花御前と二つの宿があり、お食事はこのどちらかで食べていただくことになります。
(お食事する場所は日によって変わります。)
この日は紫峰閣でいただきました。
y1.jpg


入り口は純和風の落ち着いた門で、さすが老舗旅館といった佇まいです。
ロビーに入ると、まずお庭の滝が目に飛び込んできます。
y2.jpg
ダイナミックな滝と開放的な空間で、優雅な雰囲気に包まれていました。
お部屋にお通しいただくと、窓の向こうには一面の日本海が。圧巻の景色です!
日本海を眺めながらいよいよかに料理をいただきます。
y3.jpg
テーブルの上には、ゆでガニ・セコガニ・焼きガニ・カニすき鍋・カニ刺し・カニ甲羅味噌など、まさにかにづくし!
まずはカニ刺しから。
y4.jpg
甘くておいしい!ペロリと完食です。
カニ味噌は濃厚な味わいで、日本酒をくっと一杯いきたくなるほど。
y5.jpg
焼きガニです。香ばしく身もプリッとしていて、かにの甘みが口の中いっぱいに広がります。
y6-1.jpg
大きいのがゆでガニ、小さいのがセコガニです。
y7.jpg
セコガニは小さいので、ポキっと足を折り、ツルっと身を吸って味わいます。
初めてのセコガニは、とっても海の風味がしました。
ゆでガニは身がぎっしり詰まって、甘くておいしい!
y8.jpg
みんな夢中になってかにをむいています。
かにの身に夢中で、気づいたらかにすきを煮すぎてしまいました・・・。
y9.jpg
幸い、とても美味しいかにの出汁が取れました!
カニすきの煮すぎにはお気をつけくださいね。
最後はカニ雑炊で締めにはいります。
カニすき鍋に卵を割りいれ、蓋をして少し待ちます。
卵が黄色くふんわりとしたら、ねぎと海苔をぱらりとのせてできあがり。
y10.jpg
ギュッと凝縮されたかにの出汁で最高の雑炊ができ、とっても大満足でした!!
おなかが満たされたところで次は温泉へ。
お風呂は紫峰閣の最上階にある展望風呂と、別館花御前にあるお風呂の2箇所に入ることができます。
紫峰閣の展望風呂は一面に日本海を眺めることができ、とても開放的。
y11-2.jpg
ゆったり肩まで浸かると、ちょうど目線の高さに一面の日本海が広がります。
雄大な自然を眺めながらお湯に浸かるのは、すごく幸せな気分でした。
一方、花御前は露天風呂がついています。
y12.jpg
冬は雪景色の和風庭園を眺めながら、露天風呂をお楽しみください。
「白肌湯」の名前のとおり、肌が白くなった感じがします。
夕日ヶ浦の温泉は筋肉痛・関節痛・神経痛などの効能に加え、美容効果も高いです。
女性にとってはありがたいですよね♪
美人の湯と言われる温泉を、しっかり満喫できました。


さて、海花亭を後にしまして、次は『かに一番』でショッピングです。
お店の名のとおり、取れたてのかにの他に、日本海で取れた新鮮な魚介類がたくさん売られています。
y13.jpg
丹波の栗やさつまいもを使った大人気のお菓子や、カニにちなんだお菓子・丹波ワイン・地酒・魚介類の加工製品など。
y14.jpg
丹波の名産品がたくさんあるのでお土産選びに迷ってしまいます。
お買い物が早く終わったら、お店の横にある足湯に浸かってほっこりするのもいいですね。


かに一番を出て車で30分、『丹後あじわいの郷』に到着です。
ここではすべて園内で作られたものが販売されています。
園内を案内していただき、手作りソーセージ・地発泡酒・手作りパンを試食します。
y15.jpg
ソーセージは京都産の豚を使い、地発泡酒は最高品種の新潟産コシヒカリの麦芽を使うなど、どれもこだわりのものばかりで、とっても美味しくいただきました!
y16.jpg
試食のあとは少し時間がありますので、ミニブタや、羊がいるふれあい広場にいくのもよし、暖炉のある建物でほっこりするのもよし、ご自由にお過ごし下さい。
ふれあい広場のミニブタちゃん、とっても可愛かった!
y17.jpg
どんぐりをあげると一生懸命食べてくれます♥
ご当地バーガーで人気の黒炭バーガー。
米粉に竹墨のパウダーを混ぜたものがパン生地となっているので、見た目は真っ黒です。
y18.jpg
でも米粉なので、見た目ほど重くなくペロリといただけました。
チキンとさわらの2種類があります。
ここでしか食べられませんので、興味のある方は是非お試しくださいね。
これで今日の夕日ヶ浦ツアー下見は終了です。
思う存分食べてお腹は一杯。
更にツアー当日には、帰りのバス用に丹後名物のバラ寿司をご用意していますので、最後まで余力を残しておいてくださいね。
おいしいもの三昧にお土産も色々買え、温泉にも入ることができて大満足の日帰り旅行となりました!
「カニ食べたい!」と思って下さった方、ぜひ拍手ボタンをクリックお願い致します☆
「美人の湯 夕日ヶ浦温泉一流旅館海花亭で食す かにづくし料理日帰りバスツアー」
ご予約&詳細はこちら
https://www.mk-bus.com/travel/

Share Button

コメントを残す