野々口 智広 / 2017年入社

バス運転士 / 貸切観光バス事業部(京都)

お客様からご指名いただけるような運転手が今の目標です

スタッフインタビューINTERVIEW

バス運転士 / 貸切観光バス事業部(京都)

バス運転手になるきっかけは何ですか?
幼い頃から自動車が大好きで、物心がつく前からミニカー集めに熱中していました。
バス運転士に対する憧れや思いが強くなったのは、小学校の遠足で大きなバスに乗った時の事です。
バス運転士さんがいとも簡単にバスを動かしている姿、それにディーゼルエンジンの音がかっこよく感じた事が一番大きな理由です。

でも、当時はどうしたらバス運転士になれるかも分からずで、まずは好きだった自動車の整備士の道を目指しました。
だけど、やっぱりバス運転士になりたいという気持ちが強くなり、一度チャレンジしてみたのですが、当時はまだ大型バスの経験が無い私を受け入れてくれる企業がなく、断念しました。それから約20年が経って、それでもバス運転士への夢が捨てきれず、再度挑戦を決意しました。なので、大型2種免許の取得は40歳を越えていましたね。
だから、今からセカンドキャリアとしてバス運転士を目指される方は、当時よりもチャレンジしやすい環境なので、是非チャレンジしてほしいです。
なぜ、エムケイ観光バスで働こうと決めましたか?
まずは、エムケイ観光バスは名前も有名だし、しっかりしている会社だろうという印象がありました。自身の生活もあるので、納得がいく給与が頂ける事もエムケイ観光バスに決めた理由のひとつです。
実は、エムケイ観光バスで働く前に別の会社で夜行バスを運転していました。でも、子供の頃に憧れた観光バスの運転士として仕事がしたいという気持ちが強かったのを覚えています。
今、それが実現したことで、お客様と観光ツアーでいろいろな観光地を巡って「楽しい旅の思い出」を作るお手伝いをする仕事にやりがいも感じています。
入社して1年。やりがいを実感するときはどんな時ですか?
私は夜行バス、貸切バスともに経験しているからこそ気付くことが多々あります。
どちらも「丁寧な運転」が必要なのは同じですが、一般道を利用する事も多い貸切バスでは路面の違いによってブレーキの踏み方を変えないといけません。
また、どちらも「丁寧な接客」は必要ですが、ご利用されるお客様のニーズも様々ですし、乗り降りが多いので挨拶や接客の仕方もより丁寧な対応を求められます。
さらに、細かいスケジュールもある中で時間通り、無事に目的地に到着する事も求められます。

それら全てが上手く行った時の達成感は、夜行バスとはまた違った「やりがい」を感じられます。
エムケイグループの研修を受けての率直な印象や感じた事を教えて下さい。
いろいろと噂を聞いて研修は厳しいのかなと想像はしていました。正直、厳しいのは厳しいです。でもそれが、自分にとっては苦には感じなかったですね。
しっかりしている会社であるからこそ、キッチリと研修をしているという事だと理解しています。

たとえば、研修では「声出し」があります。
研修で「声出し」を行う目的は、お客様としっかりとコミュニケーションを取る為です。運転士は前を向いて運転しながらお客様と会話をするので、ある程度大きな声が出せないと後方のお客様には運転士の声は聞こえないです。加えて、お客様60人を前にして物怖じせずきちんと会話をしないといけません。だから、エムケイ観光バスのプロのバス運転士として、現場に出る時にはエムケイグループのホスピタリティある接客を行うために研修を行っています。
エムケイ観光バスでチャレンジしたい事、目標はありますか?
「ぜひ、野々口運転士が運転してほしい」と、お客様から「ご指名」をもらいたいです。
お客様から接客が良かった、運転が良かった。すべてにおいて信頼されるのが目標です。

私にとって今はすべてがチャレンジになるのですが、自ら何でもやりたいほうなので、会社からやってほしいと言われた事には全力で挑戦したいと思っています。
幸い、エムケイ観光バスにはすばらしい指導員の方がたくさんいらっしゃるので、そういう先輩方のような運転士になりたいと思っています。他の会社には無いくらい、社内の雰囲気はワイワイと楽しく、バスの経験が無くても皆さん快く受け入れて下さいます。
新たに入社される方にも、同じ方向・同じ目標を共有しながら一緒に働けるような職場環境を私もエムケイ観光バスの運転士の一員として共に作っていければと思っています。

周りのスタッフからの印象IMPRESSIONS

貸切観光バス / 営業担当 松本 信司(係長)

野々口さんの印象を教えてください
自分の担当しているバスを非常に大事にしており、待機時間によく掃除している姿を見かけます。 運転技術もあり、私の記憶では入社してから無事故だったと思います。 見た目は少し強面ですが、そこから見せる笑顔、お客様に対する気遣いにプラスのギャップが感じられます。 時々、指名をいただくこともあります。
野々口さんに一言!
今まで通りお客様のこと、バスのことを想い、安全運行をお願いします!
お客様を楽しくお連れできるよう、これからもすてきな笑顔でいて下さいね!

その他の社員インタビュー

2023年入社
バス運転士
免許取得支援制度や福利厚生も充実。活躍できる環境が整っています。

中出 丈

MK観光バス運転士インタビュー 2015年入社
バス運転士
挑戦できる環境で自分を磨きつづける!

寺坂 勇輝

2019年入社
運行管理者
運行管理者という立場で安全運転を見守り、地域の皆さまに貢献できていると感じます。

小原 雅人

2009年入社
営業所管理者
お客様の声がダイレクトに伝わる職場。 「ありがとう」「助かったよ」が大きなやりがいです。

山田 貴文

2023年入社
添乗員(バス運転士候補)
細かい気配りができる運転士になって皆さんに感謝していただく事が目標です!

東條 司

MK観光バス総合職インタビュー一覧画像 2008年入社
人事関係・庶務・秘書業務
子育てと仕事の両立も仲間の支えがあるからこそ頑張れます!

高橋 優美

2017年入社
シフト管理・現場応援
警備の仕事を通して様々な人と関わることができました。 人として成長できる職場です。

清水 篤史

1992年入社
管理本部長
バスの運転士は世の中になくてはならない仕事。 働いて楽しいと胸を張って言える職場作りを実現します。

辻 智史

1996年入社
役員車運転手
運転技術だけでなく人間としても信頼される運転手を目指します

柳原 敬吾

2015年入社
バス運転士
事務員から一念発起。憧れだったバスの運転席に座っています

山口 悠紀

2007年入社
バス運転士
感謝の言葉が日々の励み。生涯無事故で運転し続けたいです

中西 広起