「夕日ヶ浦温泉・海花亭 かにかに 日帰りバスツアー」に参加してきました!

今年もやってきました、カニの季節!
ご好評いただいている「夕日ヶ浦温泉・海花亭 かにかに 日帰りバスツアー」に行ってきました。

かにツアー2017

催行日は1月22日の日曜日。
寒波が押し寄せていたので、天候が荒れないかと心配していましたが、出発時はお天気も◎
これは幸先の良いスタートです♪

しかし、京都を北上していくと、道なりに見える雪の量がどんどん増え始め……
休憩所として立ち寄った道の駅「味夢の里」ではなんと、これだけの積雪が!!

味夢の里

一面、真っ白!
京都市内ではめったに見られない光景に、寒さも忘れてテンションUP!(笑)
これも旅の醍醐味のひとつですね。

とはいえ、この先大丈夫かな……と若干不安を抱きつつバスに揺られていましたが、予想に反して雪の量はだんだんと減っていきました。

そして、ついに目的地に到着!
この日お世話になったのは、夕日ヶ浦温泉旅館の海花亭・紫峰閣さんです。
現地はあいにくの雨でしたが、立派な門構えと外観に料理や温泉への期待が高まります。

海花亭・紫峰閣の入口

スリッパいらずの全館畳敷きに、解放感のある広々としたロビー。
日常の喧騒を忘れて羽を伸ばすにはぴったりの雰囲気に、今度は泊りに来たいな~と思ったり。

海花亭・紫峰閣のロビー

旅館の方の案内で食事をいただく部屋に移動すると、すでにセッティングがされており、準備万端。
全員いそいそと席に座り、お待ちかね「カニづくし料理」を、いただきまーす!

テーブルセッティング

かにづくし料理

部屋に入った瞬間、目につくのが山のように積み重なったカニの桶盛り
茹でガニ(半身)と、今年の特別メニューであるセコガニが一緒に盛られています。

かにの桶盛り

半身~?と思っていた方、ご安心ください。大きいです(笑)
殻だけでなく中の身も、たっぷり詰まっています。

カニは好きだけど、食べるのは苦手……という方でも大丈夫!
「生」も「茹で」も驚くほど身が取れやすく、苦労せずに食べることができます。

見てください、このプリップリの身!
新鮮なカニ刺しならではの食感と、噛みしめるたびに広がる甘味が、もう絶品です。

カニ刺し

美味しい料理に、ついつい酌も進んで、すっかりいい気分~♪
〆にカニの旨味がたっぷり染み込んだお出汁の雑炊とデザートを味わって、お腹いーっぱい。

かに雑炊

2Lサイズのカニは伊達じゃありませんでした……
女性はもちろん、男性も満腹になれる大満足の量ですよ!
温泉も楽しみたい方は、食事のペース配分を調整すれば、十分に入ることができます。
ちなみにこの日、男性陣は食後30分ほどお風呂に入って満喫していました。

辻部長

帰りの車中で当社部長の辻にインタビューしたところ、御覧のようにご満悦の様子。
美人の湯」とも呼ばれる自家源泉の温泉に入って、お肌はツヤツヤ!
お風呂上がりの一杯も楽しんでいました(笑)

旅館を出たあとは、かに一番・木津店に場所を移して、お土産を物色。
海産物から丹後の特産品まで、美味しそうなものがたくさん並び、思わず目移りしてしまいます。

貝瀬委員長の買い物

店内を回る内に、いつの間にかカゴには、いっぱいのお土産が!
素敵なお土産が購入できて、嬉しそうでした♪

さらに、こちらでツアー参加者全員(大人のみ)に、プチギフトのお菓子もいただきました。

丹後でぴょん

復路は渋滞に巻き込まれることもなく、予定よりも少し早い17時15分に京都駅へ到着。
充実した一日を過ごし、身も心も癒すことができました。

かにツアー2017チラシ

エムケイトラベルが自信を持っておすすめするグルメツアー。
自分へのご褒美に、ちょっと贅沢を味わいに行ってみませんか?

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

ツアーの詳細・お申込みはこちらからどうぞ。
https://www.mk-bus.com/travel/yuhigaura.html

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

Share Button

コメントを残す